発信することによる意味

活動を始めて早1ヶ月が経ちました

こんにちは、SpaceWorld Project代表の横山です。
SpaceWorld Projectを始めて、早くも1ヶ月が経ちました。
昨年から色々行動し始めて、いざスタートしてみると月日が経つのは本当にあっという間だな〜と思う日々です。
自分たちのペースでやれるところから、ゆっくり活動を始めています。
今日はたった1ヶ月の活動期間ではありますが”発信することの意味について、ブログにまとめてみたいなと思います。

SNSでの出会い

僕たちは”宇宙ラジコン = SpaceDrone”というテーマで活動を行なっているモノづくり団体です。
まだイメージ図は作成中なのですが、宇宙にドローンを飛ばして宇宙空間の様子を地上からVRゴーグル越しに見れないか?というアイデアになります。※実現性度外視です(笑)
モノづくり団体とは言っても、宇宙についての知識もなく、どんなラジコンだったら宇宙空間で飛ばせるのか?ラジコンに実装したカメラをVRゴーグル上で遠隔操作することができるのかまだまだ分かってないところばかりです。
そのため、まずは自分たちで企画を考えたり、色んな宇宙ベンチャーの方や宇宙開発に興味のある仲間を募りながら、自分たちのアイデアをブラッシュアップしていくところから始めています。

オンラインプロジェクトの活動をSNS(Facebook, Twitter, Clubhouse)で発信してみると、面白いことに色んな方が反応してくれます。まだ一度も会ったことがないのに有料の交流会に申し込んでくれたり、Twitterで直接話しかけてくれる方もいらっしゃいます。
それは本当に嬉しいことですしワクワクすることなのですが、今までの自分の経験からは考えられなかったな〜と思います。っと言うのも、僕はコミュニティの運営を始めるまでSNSとは全く無縁な生活を送っていました。

過去の自分は、リアルでの人の出会いを大切にしていたので、色んな国を旅したり、イベントで知り合った人達と仲良くなるのが好きでした。僕が学生の頃のSNSのイメージは、友達やサークルの知り合いなど、今まで関わったことのある人たちを繋ぐモノだと思っていたので、あまり力を入れてやってなかったんです。

Twitter/Clubhouseのパワー

昨年お試し企画としてオンラインアイデア交流会を企画した際に、せっかくの機会なので告知がてらTwitterで発信してみました。すると僕のツイートを見た方で交流会に申し込んでくれる方がいらっしゃったんです!
その方は別の宇宙コミュニティに所属されていらっしゃる方だったのですが、年齢が近く地元もほぼ同じ場所という奇跡のような出会いでした。そんな不思議な縁もあり交流会後も仲良くさせてもらっています。

またTwitterでの出会いの第二弾として、とりあえず趣味が合いそうだからフォローしていた方がいらっしゃいました。最近流行りのSNS”Clubhouse”に登録した際に、なんとそのフォロワーの方から”近況を聞かせてもらえませんか?”とルームのお誘いをいただいたのです!
せっかくの機会なのでと思いお話ししてみると、その方が色んな知り合いの方に声をかけてくれて、素晴らしい人たちとの出会いがそこにはありました。今回はたまたま運が良かっただけかもしれませんが、時と場合によっては怪しい人たちもいるのかもしれません。
※こうは書きましたが僕もある程度の間柄が生まれないと、基本は連絡を取らないのでその辺りはご配慮お願いします(笑)

ただ”友達と繋がり続けるためのSNS”というのが学生の頃の僕のSNSに対する印象だったのですが、時代は変わるものですね。

人との出会いと可能性は増え続ける

また今はZOOMを使って、誰とでも、いつでも話せるようになりました。
それによって普段は出会えない人とも簡単に出会えるようになったと思います。宇宙ベンチャーの方や宇宙ラジコンの実現アイデアについて助言いただける方もいらっしゃって本当に嬉しい限りです。今後の未来も人との交流の仕方は変わっていくのだと思います。最近では社内でもお話をいただくこともあって、やりたいことがあったらまずは発信してみる!というのはスゴく重要だと思います。

僕が思う”発信することの意味”、それは”自分達の可能性を広げることができる”かと思います。
さて、そんな人との出会い方が変わったことによって生まれたイベントを紹介したいと思います。
本ブログでも紹介させてもらいましたTwitterで出会った宇宙コミュニティの方に講師をお願いしまして、2/28(日) 21時から宇宙勉強会を開催できることになりました!

題して、
“機械系エンジニアが教えるはじめての宇宙開発”
になります。

超かっこいいタイトルですよね!
このイベントはSpaceWorld Projectの内部限定イベントになっていて、メンバーはもちろんのこと、過去にオンライン交流会に参加いただいた方、もしくはSpaceWorld Projectの活動をする上で、普段お世話になっている方々をお招きしたイベントになっています。

リモートだからこそ出会えるようになった人たちとの宇宙勉強会です。
人数もかなり多いのでワクワクが止まりません!
SpaceWorld Projectはユルイんだけど、誰よりも熱く楽しむをモットーにしています。
忙しくて活動に参加できない人でも後でどんな雰囲気だったか体感できるように、メンバー限定のVimeoチャンネルで閲覧できるようになっています。
※メンバーしか閲覧できない。更にメンバーですらダウンロードや別のSNSへの投稿もできないシステムになっているのでプライバシー保護も万全です。

これからSpaceWorld Projectに入ってみたいな〜という方も楽しんでもらえると思います。
っという訳で、本日は“SNSで発信することによる意味”というタイトルで記事を書かせていただきました。

ここまで記事を読んでいただきありがとうございました。
引き続きSpaceWorld Projectをよろしくお願いいたします!

 

SpaceWorld Newsletter

SpaceWorld Projectのメールマガジンになります。
月に3〜4回程度で日々の活動やイベント紹介、メルマガ会員限定情報を配信。

メルマガ登録ページ
横山 尚也

横山 尚也

SpaceWorld Project代表。 ”宇宙”と”人”と”モノづくり”に関わることが大好きなサラリーマン。

最新記事

PAGE TOP