良くないこと、良くなること

暑くなってきました

いつもお世話になっております、
SpaceWorld Project代表の横山です。

夏休みがだんだん近づいてきましたね〜。
連休が楽しみで仕方なくなってる人も多いのではないでしょうか?

さて本日のタイトルは

良くないこと、良くなること

です。

ワケ分からんタイトルですよね(笑)
これから内容書いていきます。

7月は仕事もプライベートもめっちゃ忙しかったです。

山場を乗り越えた今だからこそ感じることをブログに書きたいなと思いました。

良くないこと

6月〜7月はとても忙しく、正直、体も心も余裕がなかったですね。

不思議なものでこういう時って,
”良くないこと”が重なるんですよね。

こんなことがありました。

  • 3日間入院
  • 仕事のプレッシャーとミス
  • プライベートもバタバタ

3日間の入院

実は、7年ぐらい前から僕の右足の膝裏にデキモノができておりました。

何か年を重ねるごとに肥大化していったので※怖い、
流石に病院で診てもらおうと思い病院に行ったわけです。

ただ初診だけだと判断がつかないデキモノだったんです。
最後の病理検査の結果が出るまで良性/悪性が分からず, 精神的に落ち着かない日々を送ってました。

幸い良性のデキモノ(粉瘤:アテローム)だったので、ホッと一安心でした。
ただ結果が出るまでの2ヶ月はハラハラものでした。


初診〜MRI検査〜結果報告〜
入院&手術〜病理検査〜結果報告

入院中の3日間は絶対安静だったため、トイレに行こうにも車椅子での移動になります。

本読みたいな〜とか、冷蔵庫の飲み物を飲みたい時も、不用意に歩けないので自由じゃない。

座りっぱなしも良くないので、ベッドでずっと休んでました。

ただ人間ってずっと同じ姿勢だとスゴく苦痛なんですよね。

ベッドの中で自由に動けないだけでもストレスになることに初めて気づきました。

そして入院中はお風呂にも行けず・・・・。

寝てる時も寝返りが打てなかったり、トイレに行く時も看護婦さんを呼ばないといけない。

申し訳ないなと思いながらも、看護婦さんに助けてもらっていました。

入院中の唯一の楽しみは、朝、昼、夜ご飯だけでした(笑)
バランスの取れた食事がスゴく美味しくって、ありがたいなと感じた次第です。

入院中の気づき

そんな辛い状況下ではありましたが、ふと感じることがありました。

僕よりももっと大変な状況の患者さんがいらっしゃる中で、それを献身的に支えてくれている医療従事者の方たちがいるから、

安心・安全の場があるんだよなって

毎日朝から夜まで面倒を見てくれる方がいてくれるのって、こんなにも心強くて有難いんだなと退院した後にも気づけました。

この方たちのお陰で、自分の病気が改善に向かっていると考えると感謝の気持ちしかありません。
なんかそんな感情が入院中に芽生え始めました。

エンジニアとして、医療従事者の方達の役に立てることができないかなって思いました。

そして、自分自身としては、これからもっと健康に気を遣おうとも気づけました(笑)
体と心が崩れちゃったら何もできないですからね〜。

本当に健康って大事です。

仕事のプレッシャーとミス

仕事もスゴく忙しくて、バタバタしてました。

こういう時って、何か色々ミスが発生したりして大慌てしてしまうんですよね。
内容は書けないのですが、ミスを何とか挽回すべく休日も出社したりしてました。

最初は不具合の原因が分からなくて、心に全く余裕がない状態です。
マジで夜眠れなかった・・

ミスからの気づき

そういう時って、頭が真っ白になってしまいます。

なぜミスが起きたのか?
このままだと日程が間に合わない?
どうしよう?

あれもやらないといけない
これもやらないといけない

最初は冷や汗ものでした。
だけど、それを救ってくれたのがチームメンバーや先輩だったんです。

冷静に状況を分析してくれて、やるべきことを明示してくれたお陰で軌道修正することができて助かりました。

この時に僕が気づいたことは

本当に仲間やチームってありがたいな

って事です。

自分1人だけだと気づけないし、自分1人だけだと回せない仕事があります。

だけどチームの皆と一丸になって頑張れば何とかできるんです。

僕のミスから始まって、本当に迷惑をかけてしまいました。

だけど人に救われているなと感じました。
どこかで還元したいです。

良くなること

はい、そんなこんなで色んなことを書かせていただきました。

プライベートもそれに比例して、スゴく忙しくって、
友達がスタバのチケットをくれた時は泣きそうになりました(笑)
友達がいるって素晴らしいですよね。

良くないこと、そして、良くなること、

良くないことがあるからこそ、
良かったことに気づける。


良くないことは、
良くなることに変えることだって出来る。

何よりそれはチームメンバーや友達、家族、仲間のお陰だな〜ってしみじみと感じれたのが
この5月末〜7月末にかけてでした。

これ以外にも本当に色々あって(笑)
マジで人に救われたなと思います。

最後に

はい、そんな感じで、怒涛の3ヶ月を乗り切ってきた訳です。
今はやっと全てが少しずつ落ち着いてきて、メラメラやる気が燃えてきております(笑)

良くないことが重なってた時は、

もう何もやりたくない!!!

って思ってたのに、落ち着いてくると、

何かしたくて仕方がない!!!

ってなるんです(笑)

これから僕たちSpaceWorld Projectは、チーム一丸となってビジネスコンテストにチャレンジしていきます。

一人一人の個人を尊重しながらもチームや仲間と共に頑張っていきたいと思います。

そんなSWPJTに興味のある方は、ぜひ遊びにいらしてくださいね!

ここまでSWPJTブログを読んでいただきありがとうございました。

引き続き、SpaceWorld Projectをよろしくお願いします。

宇宙開発に興味のある方を大募集中です
入会条件等はこちら

会員登録紹介ページ
横山 尚也

横山 尚也

SpaceWorld Project代表。 ”宇宙”と”人”と”モノづくり”に関わることが大好きなサラリーマン。

最新記事

PAGE TOP