メンバー

足立 宏之

一般の人でも宇宙を楽しめる時代を創る

PROFILE

“一般の人でも宇宙を楽しめる時代を創る”

<これまでの経歴>
兵庫県丹波市出身。弟が2人います。3人兄弟の長男。
小学校1年生まで西明石に在住。
漫画、アニメ好き(Drスランプあられちゃん、ドラゴンボール、キン肉マン、北斗の拳)。
小学校5年生までは剣道をやっていました。田舎の方なので、外で遊んでることが多かった。
放課後、空き地で野球。夏休みはずっとプールでした。

中学校は卓球部に所属していました。
高校時代は吹奏楽部に。ただ希望の楽器:トランペット担当になれなくて半年で辞めました(笑)
仲の良かった友達が商業部(パソコン プログラミングやってる)に入っていて、そこに籍だけ入れてました。
ただこの頃から田舎に馴染めず、早く田舎を出ていきたいと思うようになる。

それもあって、都心にある大阪市立大学 文学部に進学。
写真部に所属していましたが、ほぼずっと麻雀ばかりしてて青春を謳歌してました(笑)

書店(本屋の店員)のバイトをしており、棚やコーナーを任されていました。
書店は再販式(取次から勝手に本が送られてくる)になっていて、本が売れた分だけバックする仕組みです。
新しい新刊が届いて、自分で選んで並べる。返品するかはコーナーを任されている人が選べます。
棚の並べ方も好きに任せてくれるのが楽しかった。
当時は社会人になりたくなかったですが、バイトで事前に社会人経験を積めたのが良かったです。
好きなこと(本)を仕事にできる楽しさに気づきました。

<普段の仕事> ITコンサルタント
友人が現職の日本法人の代表をやっていました。
当時、友人から大阪のオフィスを立ち上げると話あり。一緒にやらないかと誘われたのがきっかけです。
息子が生まれて1歳ぐらいのタイミングの時で、前職がかなり長時間労働の職場でした。
そのためワークライフバランスに悩んでおり、仕事、家庭、育児にも関わりたいと思い転職。
また前職は営業職で、交渉や根回しが合わなかったため、転属希望し、SEの道へ。
いざやってみると、プログラミングが意外と好きなことに気づきました。

<SW PJTに入ろうと思ったきっかけ>
平本式のセミナーワークで、過去からの振り返りをしていたときに、
小学校の楽しい体験がハレー彗星をみに行った時でした。
母の職場の若いお兄さんに星好きな人がいて、その時に宇宙好きを思い出した。
また宇宙に関わりたいと思っていた矢先に、代表:横山がSpaceWorld Projectのプレゼンをしていました。
俺もやりたい、これは参加するしかないと思い加入しました!

<趣味・好きなこと・好きなもの>
・読書、漫画 ※人生を通して好き
小説:フィクションとかが好きです。実用書はあんまり読みません。娯楽として読みたいです。
・キャンプ、山登りに行く。
インドア派だとずっと思っていたが、アウトドア派だったと30歳を過ぎて気づきました(笑)
・卓球
義理の父が2, 3年前から卓球を始めていて、夏休みに卓球場に久々にいきました。
やってみたらメッチャ楽しくて再燃。

<価値観、好きな言葉>
・自分の楽しい、気持ちいいを大事にしたいし、優先させたい。
苦しい、辛いはメッチャ嫌い。苦しすぎると立ち向かいたくない。

<宇宙との関わり>
・SF小説をよく読んでました。
・宇宙プロジェクトをやりたい気持ちがあった。
[email protected]にロマンを感じてパソコンに入れたりしていた。
・本格的な関わりはSpaceWorld Projectが初めてになります。

PAGE TOP