メンバー

小野田 沙綾

”宇宙”と”人”と”メディアライター”
宇宙とメディアを繋げます。

PROFILE

SpaceWorld Projectの”メディア専門家”

<これまでの経歴>
生まれも育ちも愛知県になります。2人兄弟で5個下の弟がいます。
保育園や幼稚園の頃は、友達と喋ったり外で遊んだり、セーラームーンごっこをするのが大好きでした(笑)
小さい頃から色んな事に興味があり、中学校進学を考えていた時に、両親の勧めもあり地元から離れた名古屋市内の私立女子中学校に進学を決意。
新たな生活環境の変化(人間関係、制服、学校、地域、通学手段etc)に大きなワクワク感や刺激を受け、色んな事にチャレンジしたり、人と触れ合うことに楽しみを覚えるようになりました。


– 習い事リスト – 幼稚園から中学校、高校、大学生まで

  • 幼稚園:芽生え教室、知育遊び、スイミング、ピアノ、クラシックバレエ
  • 小学校:ピアノ、バイオリン、習字、そろばん
  • 中学校:弦楽アンサンブル、高校生フェスティバルの企画※1
    ※1 愛知県内の私立高校の有志を募り、4月に新入生歓迎会の企画するサークル。
    当時は中学3年生でしたが、他校の高校生の先輩たちとダンスや踊りをしたり、企画するのが楽しかったです。
  • 高校生の頃は受験勉強のため部活はしていませんでした。
  • 大学:映像制作サークル、広告業界の勉強サークル、学祭運営スタッフ、フリーペーパー発行

 高校生の頃は部活をせずに大学受験のため勉強の日々でした。ずっと愛知県に住んでいたので、新たな学びや環境、刺激を求めて早稲田大学 人間科学部へ進学。※きっかけはすごく不純ですが、ハンカチ王子が好きというのもあります(笑)もちろん東京にある大学をしっかり調べた上で、最後は自分に興味のある分野を選択しました。
 大学では、宇宙やメディア関連に興味があったため、色んな場所に出向いて勉強していました。この頃からマスコミ/広告業界に興味が湧き、また趣味でプラネタリウムを観に行くことも好きだったので、将来はメディア関連か宇宙分野で働けたらと考えていました。Twitterで就活仲間を集めてキャリアデザインのスクールに通ったり、旅行に行ったりしてました。
<卒論テーマ>:大学生の精神的健康と食生活の関連性
知り合いの友達経由でインタビュー調査やアンケートを作って、大学やサークル内で配布し、聞き込み調査を行いました。様々な仮説を立てて、実証実験や顧客アンケートを実施するのが楽しかったです。人の行動と精神状態を知ることができて、とても良い学びでした。

<普段の仕事> 官公庁勤務
 就活の際は色々と考えた結果、地元の愛知に帰ることにしました。現在は官公庁に勤めています。
1年目から5年目までは各種手続きの窓口を行う部署に所属しており、マイナンバーの事務対応も実施経験があります。事務手続きに必要な流れや世間一般の手続きの仕組みを身につけることができました。
6年目は大手自動車メーカーに1年間出向した後、現在は経営管理の部署で財政面を担当しています。

<SW PJTに入ろうと思ったきっかけや、大切にしている価値観>
 プラネタリウムやメディアに関わることに興味があり、代表の横山からSW PJTに誘われたことをきっかけに加入しました。特に私はメディア関連の現場に出向いたり、誰かを取材して記事に書いたりするのが大好きなので、自分の大切にしている価値観とSW PJTの活動がリンクしそうだと感じました。将来はこの活動を通して、本の出版ができればと思っています。

– 大切にしている価値観リスト –
★周りの人がやっていない、新しいことにチャレンジする
★自分の知らなかった世界や現場に出会うこと
★自分の中で腑に落とした上で行動に移したいので、現地現物で現場を見る、体験してから判断する。
★誰かに依存するのではなく、自分で叶えたい。
★相手のことを尊重できる人間関係

<趣味>
・新たな人、場所、環境、刺激に出会うこと。
・記事や取材、メディア関係に関わること
・心理学を学ぶこと
・プラネタリウムを観に行ったり宇宙に関わること。

<宇宙との関わり>
・リーマンサットプロジェクト 広報部でリーマンサットの広報のお手伝いをしたりしています。

PAGE TOP